女性の憧れ!永久脱毛にチャレンジするために覚えておきたいこと

永久脱毛の定義を知ろう

手足や両わき、VIOラインなどのムダ毛が綺麗になっていると、肌色がワントーン明るく見えるうえに、化粧水やクリームなどの浸透率を高めることも期待できます。そのため、永久脱毛にチャレンジしたいと考える女性も少なくありませんが、永久脱毛にはきちんとした定義があるので理解することが大切です。永久脱毛の定義は米国電気脱毛協会が定めており、ムダ毛のケアを行って1か月後の毛の再生率が20%以下のものを指します。脱毛には毛抜きを使用したものや、ブラジリアンワックスによるケアも含まれますが、これらによる処理はムダ毛の再生率を抑える効果がないため永久脱毛とは呼べません。さらに、家庭用脱毛機による処理もムダ毛の再生率を20%以下に抑えられないものが多いので注意が必要です。

永久脱毛に近い脱毛方法とは

ムダ毛をケアする方法には数多くの種類がありますが、それらの中で最も永久脱毛に近いのがレーザー脱毛だと言われています。レーザー脱毛は美容クリニックや美容皮膚科のように、医師のいる施設で受けることができるムダ毛処理施術になります。レーザーによるムダ毛ケアはムダ毛に大きなダメージを与えることができますが、同時に肌にも大きな負担がかかるので注意が必要です。施術時に痛みを感じやすいうえに、肌の腫れや赤みも起こりやすいので気を付けましょう。レーザー脱毛にチャレンジしようと思ったら充分にカウンセリングを行ったり、トライアルをし、肌トラブルが行らないことを確認してから契約するなどの心がけが大切になってきます。

技術の進歩により、全身脱毛の施術にかかる時間はかつてより短くなりました。脱毛サロンや医療機関等に通う回数も少なくなる傾向にあります。